ご希望の新聞社情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

メディアポ
新聞社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

新聞社情報(秋)

秋の新聞社情報



新聞の二部紙や、秋に大きなレースが多い競馬の予想にピッタリな競馬新聞、各種業界のタイムリーな詳細を取り上げた専門紙まで、読書の秋こそ身近な読み物である「新聞」に注目してみましょう。よく知っている一般紙から業界に特化した新聞まで、日本では数多くの新聞が発行されています。

競馬新聞

競馬新聞

秋華賞に菊花賞、天皇賞やエリザベス女王杯など、秋は大きなレースが数多く開催されるため競馬ファンにとっては楽しみな季節です。そんな競馬ファンが愛読するのが競馬新聞であり、競馬場では様々な競馬新聞を片手に予想を繰り広げる人の姿をよく目にします。

競馬新聞とは競馬の予想紙のことで、競馬専門紙とも呼ばれています。

発行は競馬開催日が原則ですが、中央競馬は開催前日、夕方から主要駅の売店や書店、コンビニエンスストア、場外勝馬投票権発売所で販売されるのが一般的。

なお、日本で競馬新聞が発売されたのは、1924年(大正13年)に関西の競馬を予想の対象とした「中島高級競馬號」が最初とされており、現在においてもすべての競馬新聞を含む予想紙で使用されている予想印は同紙が最初に採用したものです。

また、競馬新聞は限られた紙面に多くの情報を盛り込む必要があるため、一般紙と比べると特別な構成です。基本的にはレースごとの出馬表を中心に構成され、出馬表はレース番号やレース名などを記したレース概要とともに、そのレースに出走する競走馬名や過去の成績が一列に書かれた馬柱からなっています。

馬柱には枠番号や馬番号、出走馬名などに加え、騎手名や厩舎名、予想印、コース別の成績が書かれた欄で作られ、その周囲には関係者や評論家のコメントといった馬券を検討する際に必要な情報が盛り込まれているのが特徴。

競馬新聞の見方はある程度、慣れていないと初心者には難しいものの、秋競馬を楽しむにはやはり事前に専門紙でレース内容をチェックしておきたいものです。大きなレースだけ勝馬投票券を購入するという人も、ぜひ競馬新聞を駆使して予想してみてはいかがでしょうか。

専門紙

私たちが普段よく読む新聞は全国紙や地方紙を含めた一般紙ですが、上記の競馬新聞のように特定の産業や話題に特化した新聞を「専門紙」、または「業界新聞」と言います。日本における専門紙は大きく3種に分けられ、

  • 経済を中心に世事全般を扱う「経済紙」
  • 全産業分野をカバーし経済史に漏れた企業動向を掲載する「産業紙」
  • より細かくその業界で働く者を読者層と想定した「専門紙」

があり、日本では約200種を超える専門紙が発行されています。

各専門紙の発行頻度は日刊から隔日刊、週刊と色々で、その種類もマーケットや金融、投資に特化した日本証券新聞などから、保険、税務、農林漁業に特化した物、繊維に特化した物と、産業ごとにそれぞれ数紙の専門新聞が存在します。

これらの専門紙は図書館などで読める他インターネットから定期購読の申込みもできるので、自分が働く業界の専門紙を手に取ってみるのも良いでしょう。

二部紙

毎日投函される新聞の中に、時々薄いページの新聞が織り込まれていることがあります。

これは「二部紙」と呼ばれ、新聞社や新聞業界では「増頁」と言われています。

代表的な二部紙には朝日新聞の「be」や「朝日新聞GLOBE」、毎日新聞の「日曜くらぶ」、読売新聞の「よみほっと」などがあり、経済や世界情勢、話題のニュースを掘り下げる内容の物から、テレビ番組表やテレビ出演者のインタビューに特化したものと様々です。

これらの二部紙は夕刊が廃刊となった1965年(昭和40年)以降によく見られるようになり、全国紙を中心に別刷りの日曜版を拡充させてきました。また、元日には正月編成、オリンピック開催時期には五輪特集など、そのシーズンや世界的なイベントと連動して発行されています。新聞本編はもちろんのこと各新聞社が力を入れる二部紙も読み応えがある物が多く、二部紙の魅力によってどこの新聞を購読するかを選ぶ人も多くいます。

二部紙は主に日曜の朝刊に織り込まれるケースが中心で、ゆっくりとした休日の朝に楽しめる工夫がなされています。

ロード中
ロード中
ロード中

秋は「スポーツの秋」と言われるほど国民の関心がスポーツに集まる季節です。このようなスポーツファンの心理を汲み取り、様々な情報を提供してくれるのがスポーツ新聞で、スポーツ以外にも様々なジャンルを扱い、広告のように派手な見出しをつけて注目を集めます。10月20日は新聞広告の日です。ここでは、新聞にしか掲載されない広告や行楽スポットをご紹介します。

スポーツ新聞

スポーツ新聞

運動会や体育祭など、秋は全国でいろいろなスポーツが行なわれます。野球やサッカー、ゴルフなどプロスポーツもこの時期はシーズンの終盤戦を迎え、目が離せないときです。こうしたプロスポーツの結果や情報を伝えてくれるのがスポーツ新聞で、一面を飾る大きな見出し文字とユーモアあふれる表現方法は、スポーツファンでなくとも目を留めてしまう程。特にプロ野球では、お気に入りのチームが勝った翌朝にスポーツ新聞を読むことが楽しみなファンも多いはずです。スポーツ新聞と称しているために、プロ野球やサッカーなど人気スポーツが中心に掲載されていますが、バスケットボールやバレーボールのリーグ戦、体操や卓球など一般紙ではあまり大きく扱われないスポーツにもスポットを当てて、試合展開や選手の表情なども伝えているなど、充実した紙面内容で幅広いスポーツジャンルをカバーしています。スポーツの記事の他にも、競馬や釣りなどのレジャー、娯楽、芸能など多くの人が関心を持つような記事で紙面が構成されており、今や大衆紙とともに高い人気があります。時には芸能記事が一面を飾るなど、社会性や話題性に柔軟に対応できるのもスポーツ新聞ならではの特徴と言えます。

日本で最初のスポーツ新聞は、戦後間もない1946年(昭和21年)に創刊された日刊スポーツで、創刊号はタブロイド判白黒4ページで、発行部数1万5,000部でした。今のように派手な写真もなく、1面にはいろいろなスポーツのイラストが描かれていました。それでも1部50銭の新聞はあっという間に売り切れ、戦後の沈んだ社会に新しい希望を届けました。その後、スポーツ報知や、スポーツニッポンサンケイスポーツ、デイリースポーツ、中日スポーツなど全国紙、ブロック紙を含め多くのスポーツ紙が登場し、それぞれ独自の切り口と取材力で読者に情報を提供しています。

新聞広告の日(10月20日)

10月20日は「新聞広告の日」で、日本新聞協会が1958年(昭和33年)に新聞週間の区切りの良い日を選んで制定しました。新聞広告は商品やサービスの宣伝・PRが多く掲載されますが、新聞だけにしか見られない広告もあります。「社告」や「意見広告」、「謝罪広告」などは新聞独特の広告で、注目度も高い広告です。「社告」とは、商品のリコール・回収情報、株主への案内などで、商品購入者や株主、取引先など限られた関係者に気付いてもらうための広告です。通常は社会面の下のほうに掲載されることが多く、凝ったデザインをせずに案内内容だけを伝えます。「意見広告」は、個人や企業、団体が社会問題や法律などについて自らの考えを表明して多くの人に賛同や理解を得るもので、市民団体や政治団体などの意見がよく掲載されています。「謝罪広告」は、企業や団体、政府機関が事件や不祥事によって社会を騒がせたことに対して謝罪文を掲載するものです。裁判に発展した場合は、原告が被告の企業や政府機関に対して新聞に謝罪広告を出すことを求めるときもあります。

この他にも、特定業種や職種の求人募集などで使われる三行広告や、書籍の広告なども新聞広告でよく見られます。

新聞は、新聞縮刷版として編集され、図書館などで保存されるため、過去に遡ってその時々の社会環境や世情をうかがい知ることができます。最近では見開きでカラー写真を使ったインパクトのある広告なども多く、読者の関心も高くなっています。

新聞記事で見つける行楽スポット

新聞記事は、主に政治・経済・社会の動きの中で特に話題性の高い内容で構成されていますが、中には季節のほのぼのとした出来事を取り扱った記事もあります。花や鳥など自然の中に季節の移ろいを感じさせる記事が写真入りで掲載されることも少なくなく、つい行ってみたくなる衝動に駆られます。秋であれば一面に広がるコスモス畑や色づいた山の景色など、季節を告げる様々な写真が掲載されます。有名な行楽地もあれば、あまり知られていない隠れスポットまで広く紹介されているため、行楽地を探している人にとっては重宝します。

新聞は速報性があるため、撮影日も掲載日の前日か少し前なので、掲載日に出かければ新聞記事と同じ風景を見ることができます。新聞記事で気になる行楽スポットを探して、出かけてみましょう。


10月15日からの1週間は新聞週間です。新聞に関するイベントがいろいろ開かれ、新聞への関心を高めてくれます。普段読んでいる新聞を、この機会に改めて見直してみましょう。新しい発見があるかもしれません。

新聞週間

新聞週間

毎年10月15日から1週間にわたって行なわれる新聞週間は、日本新聞協会が主催する新聞界のメインイベントです。この期間中は、新聞大会が開催され、記念講演や座談会が行なわれたり、新聞協会賞が贈られる他、新聞大会決議が採択されます。新聞週間には、10月18日の「新聞広告の日」、10月20日の「新聞配達の日・新聞少年の日」の関連行事もあり、全国各地では新聞読者を対象にしたイベントも開催されて、新聞への認識を高める1週間となります。新聞週間は1948年から実施されており、新聞週間標語、新聞配達の日標語を広く募集します。

関連行事となる「新聞広告の日」では、毎年、東京都内で記念式典を開催し、新聞広告賞、新聞広告クリエイティブコンテストの授賞式が行なわれます。また、「新聞配達の日・新聞少年の日」は、期間中の日曜日と定められており、新聞配達員や配達の主力となる少年たちの労をねぎらいます。同時に、ポスターや新聞広告、折り込みチラシを作成して、個別配達の意義や必要性をアピールします。

新聞の文字

新聞の文字

普段見慣れている新聞ですが、新聞記事の活字は、新聞が発行された頃よりだんだん大きくなってきています。これは記事を少しでも見やすくするために文字に工夫をしている訳です。しかも、記事には縦が8.6ポイント(約3mm)、横が10.8ポイント(約3.8mm)と、縦が短く横が長い偏平文字が使われています。これは少しでも活字を大きく見せるためのもので、一般紙では1行11字、1段で75行、1ページは15段となっているので、1ページをすべて文字で埋め尽くした場合は、12,375文字となります。文字の大きさは、各紙ともほぼ同じですが、文字の書体(フォント)は各社独自のものを使用していますので、見比べるとそれぞれ違った印象を受けます。これは狭いスペースに文字を多く入れても読みやすいように一文字ずつ設計されているためで、私たちが普段使っているコンピューターには同じ書体は入っていません。ただし、すべてが1行11字になっている訳ではなく、スポーツ面や経済面では、1段15文字表記の小さな文字も使われています。文字が大きくなると情報量も少なくなり、必要な情報が編集段階で削除されてしまう恐れもあります。そのため記録や人事異動など、羅列になるものは文字を小さくして、できるだけページ内に収めるようにしています。また、1面では、見出しの大きさで、記事の重要度がわかるようにしてあります。国政や経済、国際問題など重要な情報は、大きな見出しで、読者の関心を引くようにします。

見やすい文字で、秋の行楽情報や味覚情報なども分かりやすく紹介してあります。

レイアウトの禁止ルール

レイアウトの禁止ルール

秋になると行楽に関する記事やスポーツの話題などが新聞紙面を賑わせます。何気なく見ている新聞ですが、実際には誰もが見やすく紙面をレイアウトしてあります。見出しの大きさや写真の配置など、読者の興味を引きながら記事を読ませるように細かい工夫がされています。そうした中で、新聞のレイアウトとしては禁止されているルールもいくつかあります。例えば見出しの下に別の記事の見出しを並べること。これは紛らわしい表現となり、読者誤解を与える可能性があります。2段以上の見出しや写真を最下段に配置することや、2段以上の記事にまたがる写真を飛び越して文字を流すことも、レイアウトとしてはNGです。他にも、同じ大きさの見出しを同じ段に並べたり、記事が続いているのに段末が改行で終わることも禁止されています。新聞社のレイアウターは、こうした禁止事項を守りながら、新聞の誌面構成を考えていきます。正しい情報を見やすく分かりやすく伝える新聞には、紙面構成にも様々な工夫がされています。