ご希望の新聞社情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

新聞社用語集

新聞社用語集 新聞社用語集

文字サイズ

  • 煙突
    えんとつ

    煙突とは、上下に2段以上のスペースを要して配置された見出しのことを指す言葉。新聞社によって重要だと判断された記事の見出しは、概ねこの「煙突」の形で掲載される。新聞には「段数」と言う物があり、新聞社によってまちまちながら、ほとんどの場合採用されているのは12段ないし15段。縦書きの本文が折り返されている、その上下長が1段に相当し、新聞1面あたり縦に12あれば「全12段」、15あれば「全15段」として定型化している(最下部に広告掲載スペースが設けられている場合は、これも含む)。こうして配置された本文の前に、それぞれ文字の大きな「見出し」が配置されて記事は構成されているが、見出しが本文の仕切り(または、仕切りに相当する空白)をまたいで、縦に長く配置されていれば、この見出しは「煙突」である。なお「煙突」で配置された見出しの下に配置された広告(紙面レイアウト上、目立つ特徴がある)を同様に「煙突」と呼ぶ場合も。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の新聞社を検索できます。

ホームメイト・リサーチ-メディアポ

ページ
トップへ
PAGE TOP