ご希望の新聞社情報を無料で検索できます。施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

文字サイズ

新聞社などの様々なマスコミ情報を検索できる「メディアポ」が、毎日の情報収集に欠かせない新聞に関する用語(ま行)をご紹介します。新聞だけでなく、それを発行する新聞社についての様々な用語も収録。ぜひ新聞社用語集をご活用下さい!

新聞社 用語集

新聞社 用語を50音順に見やすくまとめました!探している用語の行を選択して下さい。

ま行

  • 窓とは、新聞の記事の中に窓を開けたような形で挿入される広告のこと。「記事中広告」と呼ばれる物のうち、窓のように配置されていれば「窓」「マド」と呼ぶ場合がある。そもそも俗語であるため、「窓」とされる範囲は定義付けされておらず、新聞社や人それぞれ。新聞の広告は、紙面の最下段にある「広告スペース」に掲載されることが多い一方、上側の「記事スペース」に混ぜたような形で掲載する広告枠もある。記事スペースはあくまで「記事がメイン」であるため、広告のサイズは広告スペースよりも小さいが、読者の目に触れやすいのが特徴。記事スペースに挿入された広告は、「広告であること」が分かるように枠で囲って掲載されることから、記事スペースに配置された広告は概ね「窓」と呼べる。

  • 無料新聞

    無料新聞とは、無料で配布される新聞のこと。日本ではほとんど存在しないが、海外では無料新聞が多い国もある。いわゆる「フリーペーパー」とは別物。フリーペーパーが「広告が主な掲載内容」であり、広告を見せるために(少しだけ)記事が掲載されているのに対し、「無料新聞」は、ニュース記事がメインである(広告も掲載されている)。日本では購読料を支払って新聞を読むことが当たり前になっているが、国によってはお金を支払ってまで新聞を読んでくれない場合もあるため、「無料新聞」の形で新聞が発行されていることがある。インターネットでニュースを無料閲覧できる時代になり、世界では無料新聞が普及。何かしらの主義・主張を流布するために、新聞の体裁を採っているチラシや冊子などが「無料新聞」を名乗ることもある。

  • メガ文字

    メガ文字とは、読売新聞社が使用した固有の呼称であり、新聞で使われている文字の大きさを指す。当時は大きい物を何でも「メガ○○」と呼ぶことが多かったため、それに倣った物。「メガ」という言葉は本来、国際的な単位で使われる「10の6乗」を意味。「キロ(K)」のもうひとまわり上、百万を表す物だが、新聞の「メガ文字」は少し大きくなった程度である。読売新聞社に併せるように、ライバル紙の多くも文字サイズを大きくしているが、固有の名称として読売新聞社の「メガ文字」が取り沙汰された。新聞の主要な購読層である高齢者の老眼に配慮した工夫として案内されているが、文字が大きくなったことにより掲載される記事の総数も減少している。

  • 面取り

    面取りとは、事件や事故の被害にあって亡くなった人の写真を入手すること。その事件や事故を、被害者(死亡者)の名前と写真を合わせて掲載するために、写真を手に入れる行為を「面取り」と呼ぶ。主に新人記者に指示される「取材活動」のひとつである。記者が面取りをするためには、被害者遺族や親しい人に写真提供を依頼しなければならない。新聞が速報性を重んじることから、被害から間もない状況にある被害者遺族に依頼しなければならず、精神的に相当辛いとされる。インターネット上のSNSなどから写真を入手することもあり、遺族の許可を取らずに掲載されることが問題に。また、そもそも被害者の写真を載せることの必要性自体が長年議論されている。

  • 持ち禁

    持ち禁とは、持ち出し禁止の省略語である。新聞社で「持ち禁」という言葉が使われるのは、特ダネを掲載した新聞が刷り上がったとき。大手の新聞社は印刷部門が社屋にある場合が多く、新聞は社屋内で完成。完成した新聞は新聞販売店へ配送され、やがて読者へ届けられるのだが、それよりも先に、刷り上がったばかりの新聞は社内スタッフの目に触れる。社会的に影響力の強い特ダネ(他紙に先駆けて掲載できた大きなニュース)が掲載されていれば、その新聞は「持ち禁」となる。つまり、一般公開よりも前に、新聞社の社内スタッフから世に漏洩することを避けるため、持ち出し禁止の指示が出されるのである。

  • モニター

    モニターとは、新聞紙面を制作している途中で、記事原稿をプリントした紙のことを指す。「モニタープリント」とも呼ばれる。「試し刷り」を意味する「ゲラ」に近い物だが、「モニター」と呼ばれる物は、実際の紙面には掲載されない特殊記号などもそのままプリントされているため、新聞を完成させるまでの工程で使用される、専門的なオペレーションの意味合いが強くなる。語源は、パソコンなどの「ディスプレイ」と同様に表示機器を指す「モニター(Monitor)」と同じであり、英語で「監視や監査を行なう者」と言う意味。新聞紙面を完成させるまでには、紙面構成をパソコンの画面だけではなく、実際に「モニタープリント」することによって確認・監査の作業を行なっている。

日本全国のテレビ局、ラジオ局や新聞社を検索できます。お探しのカテゴリを選択して下さい。

すべてを見る

ページ
トップへ
PAGE TOP