ご希望の新聞社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト新聞社リサーチ

新聞社情報

新聞の最終校正



新聞記事作成の工程として「校閲」がありましたが、ここでは印刷の工程に近い「校正」について説明します。校正とは新聞印刷に先立って仮刷りを行ない、原稿とその指定を照らし合わせて誤字や脱字、レイアウトの不備などを点検し、訂正を指示する作業です。文字や数字だけでなく、デザインや色の確認も行います。

印刷所での校正は、編集の仕上げ作業

印刷所での校正は、編集の仕上げ作業

新聞の校正は、工程上のスピード化をはかるため、編集記者または校正者が印刷所に出向いて、出張校正するのが一般的です。

初校とよばれる最初の校正は、紙面の状態に組み上げた、版のコピー(ゲラ)を使って行ないます。修正の指示は「校正記号」と呼ばれる出版・印刷業界共通でもちいられる記号を使って、赤字を書き入れるというのが一般的です。元の原稿とつきあわせて間違いがないかをチェックし、そのあとゲラのほうだけを読んで、違和感がないかどうかを確認する「素読み」をします。レイアウトや、デザインのチェックもここで行ないます。

初校での指示に従って修正された二校刷り(二校ゲラ)が返ってきたら、初校の修正が完全に反映されているかを確認します。この作業を繰り返し、このまま本番の印刷ができる、という状態になったらゲラに「校了」と赤字で書き入れて提出します。「校了」とは校正担当者が、最終チェックを行なって、誤りがないことを確認しました、という意味です。

もし、少しでも訂正があった場合には、その個所を指示し、「責了(責任校了)」とします。「責了」とは、校正担当者が誤りを発見したが、指示した修正が印刷所の責任によって修正されることを条件に「校了」とする、ということです。

緊急の対応をすることも

これだけ慎重に校正を行なっても、人間のすることなので、ミスが発生してしまうこともあります。緊急の場合には印刷現場で、もう出来上がった版から文字などを削り取り、修正する場合もあります。体裁が悪くなっても誤った内容が印刷されるよりマシ、といった場合にこの処置がとられます。ごく稀に新聞に何字分か空白部分があるのは、この痕跡なのです。

色校正

色校正とは、カラー印刷物を作る際に、同じデータを使用しても、用紙の種類や天候、輪転機によって印刷結果が変わってくるため、色調などを原稿と照らし合わせて整える校正作業です。

広告を出稿するスポンサーにとっては、企業のイメージを左右する大切な広告の色が濁っていたり、版ずれをおこしてぼやけていたりしては、損失にもつながりかねない問題です。そのため、本番になるべく近い環境で印刷した、色ゲラとよばれるもので色調を確認し、修正を指示するのです。

色ゲラは輪転機の数だけ必要となり、全国版の場合、100枚以上にもなる大量の色ゲラを用意する必要がありました。しかし、現在では印刷のデジタル化が進み、輪転機の特性が組み込まれたシステムを使うことによって、オンライン送稿で色校正を行なう技術が進歩してきています。