ご希望の新聞社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト新聞社リサーチ

新聞社情報

一般紙以外の新聞印刷



一般紙とよばれる新聞はオフセット印刷で印刷されていますが、業界紙、専門誌、あるいはフリーペーパーなどでは異なる印刷方法が取られている場合もあります。ここではオフセット印刷以外の印刷方法について紹介します。

凸版印刷

凸版印刷

凸版印刷とは、版の凸部分にインクを付着させて紙に転写する、はんこのような原理の印刷方法です。印刷の手法としては最も古い方式で、活字(字形)を組んで印刷をすることがもともとの起こりだったため、活版印刷と呼ばれることもあります。

かつては新聞も職人が鉛の活字を1文字1文字拾い、活版印刷で印刷されていました。しかし、その版の特性上、線画やベタ印刷には向いているものの、微妙な色調の表現が難しく、新聞に画像が多く使われるようになるにつれて、オフセット印刷に取ってかわられてゆきました。

凸版印刷の主なものは、フレキソ印刷や樹脂凸版印刷と呼ばれるもので、活版の代わりにゴムや、感光性の樹脂で版が作られています。名刺や書籍、豪華本などの印刷で用いられている方法です。

グラビア印刷

グラビア印刷は凹版印刷の一種で、まず円盤状の版全体にインクをつけた上で、凸部の余分なインクを掻き取り、凹部に付いたインクを紙に転写する印刷方法です。凹部の深さや大きさを調節することでインクの量を調整し、濃淡の表現を行なうため、自然な階調を生み表現でき、写真の印刷に適しています。

芸術写真といえばグラビア印刷だった名残から、雑誌などの写真ページを「グラビア」と呼ぶようになり、現在では「グラビアアイドル」のような使われ方をする言葉となりました。写真をきれいに見せたい女性誌や、写真集、カタログなどの印刷によく使用されるほか、紙幣もこのグラビア印刷で印刷されています。オフセット印刷に比べてコストが高いため、新聞にはあまり用いられませんが、新聞社の出版部門が写真集やグラフ誌などを出版する際、頻繁に使われています。

孔版印刷

スクリーン印刷とも呼ばれる孔版印刷は、版にとても細かい穴を多数開け、そこに圧力をかけてインクを擦り付ける印刷方法です。身近なものではビジネス用の印刷機『リソグラフ』やシルクスクリーン印刷がこの孔版印刷にあたります。新聞折込チラシにはよく用いられています。手軽な設備で実現することができ、少部数でも比較的安価で印刷ができることから、同人誌などの印刷にも需要があります。版面が柔軟であるため、平面以外のさまざまな素材に印刷ができ、ポスター、ステッカーなどのほか、看板・標識などもこの方法で印刷されています。また、印刷だけではなく、物体の表面を機能性材料でコーティングする方法としても広く用いられています。