ご希望の新聞社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト新聞社リサーチ

新聞社情報

版建てに沿った新聞の発行



同じ日、同じ新聞の朝刊を比べてみると、微妙に内容が違っている事があります。新聞には「版建て」というシステムがあり、締め切り時間ギリギリまで最新の情報を掲載する努力をしているからです。

状況に対応した紙面を提供するために

状況に対応した紙面を提供するために

新聞は、例えば、東京の中央区と栃木県の宇都宮で、同日発売の同じ新聞を見比べてみると、内容がわずかに違う場合があります。これは、各エリアで販売されるその新聞の、締切時間が異なるからです。印刷工場を早く出発しなければならないエリアは「早版」。反対に締切が遅い地域は「遅版」と言います。新聞の上部左端あたりをよく見ると、「○版」と書かれているのがわかります。この「○版」というのは、その日刷った新聞の第何版目なのかを表しているのです。

ある一般紙を例に挙げると、朝刊は、12・13・14版、夕刊は2・3・4版と書かれています。朝刊ならば12版が「早版」、13版が「遅版」、14版が「最終版」と呼ばれます。夕刊の場合は、2版が「早版」、以降、遅版、最終版、となります。

まれに見られる、「13A版」というのは、"追っかけ"とよばれています。大きな事件や事故、選挙報道などの際、締め切りを調整し、最新の情報を差し込んだ、特別な版です。

それぞれの版の締め切り時間は、輸送にかかる時間を逆算して細かく決められています。当然、遠くの地域に配る版ほど、締め切り時間は早くなります。しかし、締め切り時間の直前であろうと、ニュースは刻一刻と変化します。前の版では概要しか載せられなかった記事の詳細が明らかになることもあります。このような場合には、次の版に詳しい内容をもりこむことになります。

降版時間(締め切り)と降版協定

降版とは、原稿を印刷に回す締切です。降版時間は新聞社によって若干の違いはありますが、例えば『東京本社』で発行される朝刊の場合、もっとも早い版の締め切りが午後9時、そのあとは、版ごとに1時間から1時間半刻みで設定され、23区に配られる最終版の締め切りは、午前1時ごろになります。

わが国の多くが加盟している日本新聞協会を中心とする協定があり、朝刊は午前1時15分、夕刊が午後1時15分以降に発生した事件や事故については掲載しない、という慣例があります。つまり、最終版以降に発生した事件・事故は、次の朝刊、夕刊に掲載することになっているのです。

最終版で新聞交換を拒否する意味とは?

ただし、大きな事件・事故が起きた場合、この降版協定は破棄されます。協定を無視して、一方的に報道を行なった場合は、新聞社の編集局長名で、協定各社にお詫び状を出します。

また、最終版の発行後には、協定各社で新聞の交換を行ないます。この新聞の交換時に、"特ダネ"が他紙によってスクープ扱いされていたり、他社が載せているのに自社だけが知らなかったニュースがあったりすることに気が付くのです。

なお、この新聞交換は拒否することもできます。拒否する新聞社は、多くの場合が特ダネを掴んでおり、協定各社との交換を拒否して秘密保持を図るというわけです。