ご希望の新聞社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

メディアポ
新聞社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

新聞社情報

新聞社の最終チェック機関、編集デスク



新聞社、新聞業界を題材にしたドラマなどで、よく登場する「デスク」と呼ばれる人々。取材・記事作成の責任者として机(デスク)で仕事をすることからこのように呼ばれており、紙面作りにおいて中心的役割を果たしています。新聞社によっては「デスク」という職制を設けているところもあります。

デスクは記事の責任者

デスクは記事の責任者

デスクとは、原稿をチェックする役割を担った、記事の責任者です。記者が所属する社会部、政治部、といった各部には何人かのデスクがおり、朝刊・夕刊交代、または日替わりで仕事を担当しています。

記者から原稿を受け取ったデスクは、まず原稿に目を通して、内容に間違いがないか、読者にわかりやすいか、掲載に値する内容かなどについて確認します。この時に再取材や、写真の再撮影、書き直しを指示したり、記者の書いた原稿をデスクが手直しすることもあります。デスクの了解がない限り、記事や写真が紙面に掲載されることはありません。

取材の指揮も大事な仕事

デスクの仕事は記事のチェックだけではありません。記者が聞き込んできた話題やニュースなどについて、記事の展開の仕方や、取材先の選定などに関しても相談に乗り、より良い記事が作れるように示唆することも大切な仕事です。また、大きな事件・事故が起きた際に取材の指揮をとることも大変重要です。デスクは、記者が取材してきた記事を積み上げて紙面を構成するにあたって、全体を俯瞰して冷静な視線で判断する能力が必要とされているのです。

そのためデスクの多くは40~50代のベテラン記者が務めています。政治部、経済部などの各部には、それぞれ複数のデスクがいて、シフトをしいたり、何日も続けて取材を進めるような大事件の際には、その事件担当デスクとなるなど分業しています。

新聞社という企業体の中では「デスク」と言う役職は、部長につぐ副部長クラスとされ、管理職と位置づけられています。(新聞社によっては部長とデスクの間に、次長が置かれているところもあります。)

デスクになるまでの道

多くの記者は、入社するとまずは支局に配され、最初の仕事は警察を担当する"サツ廻り"となることがほとんどです。その後、この支局内で警察、スポーツ団体、そして市役所や県庁などを取材し、政治・経済・スポーツ・社会のほぼすべてを経験したうえで、本社へと異動します。

本社で政治部、社会部、経済部などの各部に配属されると、例えば政治部であれば、国会などの記者クラブに詰めることになり、その後、キャップという現場記者のまとめ役を経験し、さらに記者クラブなどの特定の配置につかない遊軍記者を経て、各部のデスクへとなっていくのです。