ご希望の新聞社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト新聞社リサーチ

新聞社情報

新聞記者のステップアップ「本社で活躍」



新聞社の本社編集局は、政治部、経済部、社会部など、それぞれの部に分かれています。支局勤務を経て本社に配属された記者は、各部に配属され、それぞれ専門のネットワークを持って活躍するのです。

本社の新聞記者の一日

本社の新聞記者の一日

本社の新聞記者の一日を、社会部記者を例にとって見てみましょう。

本社記者の一日は早朝から始まります。起きると、まずは自宅で取っている新聞各紙の記事をチェックします。身支度を整え、午前6時半ごろには「朝駆け取材」に出かけます。警察や、検察の幹部など、自分が担当する分野の関係者の通勤時間に合わせ、ひたすら自宅付近で待機するのです。待っていたからといって必ずしも取材ができて、情報を得られるわけではありません。それでも記者は、自分の顔を覚えてもらうため、またほんの短いやりとりの中から重大な情報を得られるかもしれない可能性にかけて、毎日朝駆け取材を続けるのです。

朝駆け取材で情報が得られた場合には、すぐにデスクに報告して、再び次の取材先へ向かいます。アポイントを取った相手だけではなく、街に出て、さまざまな人の話を聞くこともあります。このような取材で得た情報を、再びデスクへ渡します。デスクは、各記者からの情報をまとめて、記事にできるかどうか判断します。記事にできると判断された場合は、デスクからの指示を受け、記者は原稿を仕上げます。

夜は夜で、朝駆け取材と同様の、「夜討ち取材」を繰り返します。大きなスクープがとれるのも、こうした努力があってこそなのです。

社会部の記者に限らず、新聞記者の一日はこのように慌ただしく過ぎていきます。

信頼関係を幅広く築くことで、特ダネは生まれる

信頼関係を幅広く築くことで、特ダネは生まれる

新聞記者にとって人脈は財産です。夜討ち・朝駆けの相手や、事件や事故の関係者だけでなく、日頃から幅広く人間関係を築き、アンテナを張りめぐらせておくことで、情報源が増えるのです。

その中の誰かが、自分だけにこっそり教えてくれることが、重要な特ダネになることもあります。話す側からすると、そのような重要な情報を漏らすことは、自分にとって不利になる場合が多いのです。それでも、記者を信頼して情報を提供してくれる。そんな人間関係を築いていくことが、良い記事につながっていき、記者としての実力にもつながってくるのです。

世の中の人が興味を持つ新しいニュースを次々と取材して記事にすることも大事ですが、一方で、自分が興味のあることをコツコツと取材し続ける記者もいます。ひとつのことを追い続ける地味な作業もまた、新聞記者の仕事です。

あるときまでは誰も問題にしなかった事柄が、記者の地道な努力で記事になり、大きな社会問題に発展するケースもあるのです。