ご希望の新聞社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト新聞社リサーチ

新聞社情報

大手新聞社のしくみ「制作局」



新聞社の制作局は、最新の情報技術を駆使して、紙面づくりのシステム面の企画や開発、運用を推進していきます。

新聞づくりのシステムを一手に

新聞づくりのシステムを一手に

事件や事故、災害などの現場での取材をもとに記者たちが書いた原稿や、報道カメラマンが撮影した写真などの素材、クライアント(広告主)が出稿する広告データなど、新聞を構成する要素のデータはすべてコンピュータに取り込まれ、新聞制作システムで一括管理します。

紙面のレイアウトは端末を使ってデザイナーが組み上げ、仕上がった全データは印刷工程へと送られます。この一連の制作システムの企画や開発を行ない、運用業務をトータルに担っているのが、新聞社の制作局です。

新聞制作以外にも、新聞の印刷から配送、各販売店への納入までの全工程の管理システムも、制作システムとともに構築しています。

また、全国にある印刷工場の設備設計や最新技術の開発、品質管理をはじめ、工場に勤務する人材の安全管理など、工場における幅広いシステム業務にも取り組んでいます。

技術革新を新聞制作の現場に

これまでの新聞づくりの現場は、記者の取材活動から印刷までの全プロセスにおいて、旧態依然のアナログな業務によって支えられてきました。しかし、それでは時代のニーズに応えていく新聞づくりは停滞したままです。そこで制作局が中心となって、さまざまなIT(情報技術)の導入により、新聞づくりの作業はどんどんシステム化され、デジタル機器の採用とともに、あらゆる業務の効率化とスピード化を図ってきました。

さらに、編集組版システムの新たな開発により、突発の大きな事件や事故、災害などにもいち早い対応が可能になった一方で、刻々と変化する選挙速報や変動が激しいスポーツ面のニュースのカバーなど、締め切り時間との戦いでもある日々の紙面制作を強力に支援します。

次世代の新しい新聞社のあり方を描いて

紙としての新聞が消滅することはまだないはずですが、ニュースや情報のデジタル化は世界のどの新聞社も避けて通ることはできないでしょう。

電子版ニュースサイトの運営をはじめとして、さまざまな記事や情報、画像、資料などのデータベース化も同時に推進し、新たな収入源となるニュース配信業務などの拡大に備え、多岐にわたるシステムの企画、開発、構築、そして運用を実現していくことになります。環境に配慮したさまざまな取り組みもさらに加速され、デジタルメディア向けの紙面加工とその素材管理も含め、新聞の新たなチャレンジはますます果敢に続きます。

新聞を次世代のコンテンツとして捉えた改革は、もはや待ったなしです。未来の新聞はどんな形になるのか。そのシルエットはようやくはっきり見えつつあります。制作局はニュースの最前線で編集をフルサポートし、新たな情報発信の道を切り開いていきます。