ご希望の新聞社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

メディアポ
新聞社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

新聞社情報

いつでもどこでも読める新聞



新聞は軽くて持ち運びが簡単で、広げればすぐに読めます。つまり、受信機器がないとニュースが得られないテレビ・ラジオと比較して「いつでも、どこでも読める」という機能においては、そもそも有利でした。しかしながら昨今のIT化の動きは、新聞のこの利点を、まったく違うインタフェースで進化させているといえます。

さまざまな機器で記事を閲覧可能に

さまざまな機器で記事を閲覧可能に

朝日新聞では、デジタル会員へのサービスのコンセプトを「いつでも、どこでも」と銘打ち、IDを入力すれば、パソコンやiPadなどのタブレット端末、iPhoneを始めとしたスマートフォン、果てはiPod touchのような他メディアでも、朝日新聞のニュースが手に入るというサービスを行なっています。記事は携帯やパソコンにダウンロードすることも可能で、通信ができない場所でも読むことができます。

さらに便利なのが、紙媒体にはない、記事の検索機能やスクラップブック機能です。過去にさかのぼって記事を検索したり、とっておきたい記事をクラウドサーバーに保存しておくことができて、通信できる場所ならパソコンや携帯でいつでも取り出すことができます。

電子版でしか完全版が読めない「WEBRONZA+(ウェブロンザプラス)」「中東マガジン」といったコンテンツもあります。また、電子版のデザインは、WEBらしく横組みではありますが、紙の質感に似せるなど、こだわりも見られ、同社がいかに電子版に力を入れているかをうかがい知ることができます。

電子版の月ぎめの購読料は3,800円ですが、すでに紙の新聞を購読している家庭は、プラス1,000円で購読することが可能です。

一方、『日本経済新聞』電子版も、『朝日新聞』とほぼ同様のサービスを提供しています。ひとつのIDでパソコンやiPad、iPhoneなど、いろいろな端末で記事閲覧が可能です。こちらには「My日経」というサービスがあり、IDを取得した時点で入力した自分の職業や、今までの閲覧履歴から、関心が高いと思われる記事を自動的に選んで、一覧表示してくれます。忙しいビジネスマンが効率的に自らに関係あるニュースを得られる、便利なサービスです。

機器の種類ごとに電子版を提供する新聞社も

機器の種類ごとに電子版を提供する新聞社も

産経新聞では、『産経Net View』という、紙面そのままのレイアウトの新聞をパソコンの画面で読めるサービスを提供しています。購読料は週間パックで315円、月間パックで420円と大変リーズナブルですが、パソコンでしか見られないことから「どこでも」というわりには、「パソコンがあれば」という条件つきです。携帯電話やスマートフォン、タブレット端末で見るには、それぞれの情報端末用のサービスに加入することになります。

このようなケースは、単体の機器でしか新聞を読まなかったり、まずは手頃な料金で電子版の新聞を読んでみたい層にとっては、取り入れやすいサービスだといえます。