ご希望の新聞社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト新聞社リサーチ

新聞社情報

発行範囲による新聞の分類「地域紙」



販売エリアが複数の都道府県をまたぐ「ブロック紙」や、県内のみの「県紙」のことを、地方紙と言います。さらにもっと狭いエリア、すなわち県内の一部だけで販売される新聞のことを「地域紙」または「地域新聞」と呼びます。

狭いエリアで熱烈な支持

狭いエリアで熱烈な支持

地域新聞は、狭い範囲で、地元に密着した取材により紙面を構成しており、中には、その発行エリア内で、抜群のシェアを持つほど影響力が強い新聞もあります。

京都府綾部市で発行されている『あやべ市民新聞』は週3回夕刊で発行されている地域新聞で、エリアの中では6割以上のシェアを握っています。市外へ郵送も行なっていますが、発行エリアは綾部市内がメインです。

扱うニュースは、例えば市内で行なわれたボランティア活動の詳報、市内の小学校児童が訪れた工場見学、市内で近日行なわれるワークショップの告知、市内のお祭りでの熱気の入った練習風景など、市民の日々の暮らしにどこまでもフォーカスしており、身近な知人や、ときには自分自身が載ることもしばしばで、地元住民から強い支持を得ています。

地域紙の専門紙

地域紙の専門紙

北近畿経済新聞』は、福井県、京都府、兵庫県という3つの府県をまたぎますが、それぞれの府県の北部北近畿地方という狭いエリア内で発行されており、ブロック紙というよりは、地域紙に近い性質を持ちます。これは、経済専門の地域紙で郵送の旬刊であり、各月の1日、11日、21日に発行されます。1部420円で、月ぎめの購読料は1,260円。

扱うニュースは、地元の商工業者と関係の深い信用金庫などの金融機関の決算についてのニュースや、運航を停止した運搬船のニュース、地元メーカーの新工場建設のニュースなどです。

フリーペーパーの躍進

フリーペーパーの躍進

地域紙は、有料のものばかりでなく、無代紙、つまりフリーペーパーもあり、昨今ではむしろ主流となっています。

千葉県に本社を置く株式会社地域新聞社の『地域新聞』は、フリーペーパーとして県内での発行部数は約189万部(2012年8月現在※ホームページより)。広告媒体として成功をおさめ、全国に広がっているフジサンケイグループの『リビング新聞』と同様のビジネスモデルで、広告収入により事業を行なっています。千葉県内で44版、埼玉県内で8版と、エリアを細かく分け、多くの版を設けています。このことが、対象地域の読者に「自分の地区の新聞」という意識づけに有利に働いています。

地域紙の読者は、一般的に女性が多いといわれていますが、例えば主婦は、居住する場所の半径2キロ以内で消費の8割を行なうと言われており、このことが広告収入にのみ頼って収益を上げるフリーペーパーが成り立つ根拠となっています。