ご希望の新聞社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

メディアポ
新聞社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

新聞社情報

発行時期による新聞の分類
「隔日・週刊・月刊紙」



新聞のすべてが日刊というわけではなく、隔日や週刊、月刊など、さまざまな発行サイクルのものがあります。その例を紹介します。

日刊以外の発行サイクルをとる新聞

日刊以外の発行サイクルをとる新聞

発行の頻度が、ほぼ一日おきの新聞を「隔日紙(かくじつし)」、週に一回のものを「週刊紙」、月に一回のものを「月刊紙」といいます。新聞といえば、たいていは毎日発行される日刊の一般紙を指しますが、隔日紙、週刊紙、月刊紙も存在しており、これらは特定の分野のみを扱う専門紙や、地域で発行されているコミュニティ新聞、団体が出す機関紙、業界新聞や会報などに多くあります。

ちなみに、週刊「誌」、月刊「誌」は、それぞれ雑誌を指す言葉になります。

隔日で発行される新聞(隔日紙)

隔日版は月・水・金など、曜日を決めて発行している媒体が多く、例えば、食品業界や飲食店向けの専門紙『日本食糧新聞』がそれにあたります。

コミュニティ新聞である京都府綾部市の『あやべ市民新聞』は、毎週月・水・金発行です。購読料は一ヵ月900円。販売エリアの購読率が60%(ホームページより)と非常に高く、地域で抜群の存在感を誇っています。

会報に近いものとしては、連合に加盟する労働組合が共同運営する連合通信社発行『連合通信』があります。記事を各加盟組合に配信しますが、単体でも読める毎号10数ページの隔日版が火・木・土曜発行です。一般の新聞ではなかなか知ることができない、さまざまな組合の動きを知ることができます。

週刊で発行される新聞

週刊は、一般紙の新聞社が出す特別版にも多い形態です。その新聞社の主力媒体が○○新聞だとすれば、"○○ウィークリー"といった名前で発行されていることがよくあります。例えば、中日新聞の『中日こどもウィークリー』、英字新聞のジャパンタイムズが発行する『ジャパンタイムズウィークリー』といった具合です。

また、経済紙などの専門紙にもよくとられる発行サイクルで、一般のビジネスマンをターゲットにした『フジサンケイビジネスアイ』は夕刊の週刊紙。日本経済新聞社の英字新聞『日経ウィークリー』も週刊です。

基本的には特定の分野のニュースを扱う専門紙に多く、『週刊通販新聞』は小売業界が不調な中、近年急速に発達した通販業界のニュースを伝えています。医療系の出版社である医学書院発行の『週刊医学界新聞』など、医師向けの新聞もあります。

月刊で発行される新聞

月刊紙は、専門紙はもちろん、特定の団体が出す機関紙や、会報に多く見られます。興味深いところでは日刊スポーツ新聞社発行の『月刊AKB48新聞』。2011年に創刊されたタブロイド版で、1部の販売価格は300円です。

ほかにも、猫を愛する人々に向けた『月刊ねこ新聞』(猫新聞社)や、書展紹介など書道業界の情報を載せた『書道ジャーナル』(書道ジャーナル研究所)、母親の視点を活かした子育て情報紙『お母さん業界新聞』(トランタンネットワーク新聞社)など、さまざまな業界の月刊紙があります。これらの販売は、主に年間定期購読のスタイルを取っています。