ご希望の新聞社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト新聞社リサーチ

新聞社情報

記事内容による新聞の分類「経済新聞」



経済ニュースを専門に報じる経済新聞。国内外の主要紙を紹介し、国民に最もなじみある『日本経済新聞』については、その紙面内容についても触れます。

国内外の主要な経済専門紙

国内外の主要な経済専門紙

経済を専門に扱う経済新聞は、国内外に多数存在します。世界的に有名なものとしてはアメリカの『ウォール・ストリート・ジャーナル』、イギリスの『フィナンシャル・タイムズ』、国内なら『日本経済新聞』を、多くの人は思い浮かべるのではないでしょうか。同紙を発行する日本経済新聞社は1876年(明治9年)、『中外物価新報』という名で創刊されました。当時から経済の発展に貢献するため、市場の動静を冷静かつ客観的な視点で伝えています。

『日本経済新聞』の網羅する内容

日経(『日本経済新聞』の略名)は、経済紙として他の一般紙とは一線を画し、一面には経済関連のニュースがトップに載ることがほとんどです。そのあとに「総合」面、「政治」面、「経済」面、「国際」面、と続いていくのは他の一般紙と似ていまが、その次には「企業総合」面で、商取引の流れを業界の視点から読み説くような記事が並びます。ここに載りきれなかったニュースが、続く「企業」面に載ります。業界別の人事情報なども載っており、多くのビジネスマンは取引先の主要な人事異動が何か行なわれていないか、よくチェックしています。

個人投資家や、銀行・生命保険会社といった機関投資家が注目するのが「投資・財務」面、「マーケット総合」・「マーケット商品」面、「証券」面です。特に証券に関する情報量は圧倒的で、東証1部と2部、大阪、名古屋、札幌、福岡証券取引所に上場中の株価を一覧で見ることができるほか、投資信託の価格まで掲載しています。

「経済教室」面では、国内外の著名なエコノミストなどの論客が執筆し、先進の知識で今の経済界で何が起こっているのか、これから何が起こるのかを分析し、論じています。「消費」面では、各社の新製品や新サービス、ヒットした商品の開発背景など、プロダクト開発やマーケティングにさまざまな示唆を与えてくれるニュースが並びます。

このように経済紙としての特徴を多数持つ『日本経済新聞』ですが、発行部数の多さや、スポーツ面、社会面、文化面を持つなど掲載分野の範囲の広さから、一般紙と認識されているケースもあります。

ブロック経済新聞やWEB専門紙、産業新聞などの存在

テーマを経済に絞った新聞としては、このほかに、全国的にも珍しいブロック経済紙である『中部経済新聞』、WEB専門の『みんなの経済新聞ネットワーク』が挙げられます。さらに、産業や企業情報に特化した新聞としては、産業新聞というジャンルも存在します。産業新聞として知られるのは、日本経済新聞社が発行している『日経産業新聞』、『日経MJ』があり、その他にも『フジサンケイビジネスアイ』、『日刊工業新聞』などが挙げられます。

また、株式相場にテーマを絞った新聞では、『日本証券新聞』と、『株式新聞』が挙げられます。どちらも夕刊で、その日の株式市場の終値を一覧で載せています。