ご希望の新聞社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト新聞社リサーチ

新聞社情報

記事内容による新聞の分類「一般紙」



ここでは総合的な記事が読める一般紙を紹介します。

全国紙と地方紙

全国紙と地方紙

一般紙とは、総合的にあらゆるニュースを掲載する新聞です。対して、ある特定の分野を専門に扱う「専門紙」がありますが、「新聞」と言えば、たいていはこの一般紙のことを指すほど、象徴的な存在です。

一般紙は、販売されるエリアの範囲によって、全国紙、ブロック紙・地方紙に分けられます。全国紙は、その名の通り、日本国内のほぼ全域で販売されており、読売朝日毎日産経の四紙がこれにあたります。経済紙でありながら社会面やスポーツ面を持つ、一般紙に近い性質を持つ日本経済新聞までを含めて、全国五紙、と言うこともあります。これらはすべて、毎日発行される日刊新聞です。

ブロック紙は、中部地方や西日本といった、複数の都道府県をまたぐ広い地域で販売される一般紙で、中日新聞西日本新聞、東京新聞、北海道新聞などが該当します。在首都圏ではない大手ブロック紙の北海道新聞社、中日新聞社、西日本新聞社の3社は、「ブロック紙3社連合」を形成し、記事を相互利用したり、取材網を補完しあうなどの協力体制を築いています。

地方紙では他に県紙や地元紙と呼ばれるものが存在し、その県のみで主に販売され、地域に密着した編集方針でそのエリア内で強く支持されています。地方において全国紙と地方紙は、その日の一面トップが全く違うニュースだったり、載っているニュースの扱いが違ったりするため、双方を購読して「併読」を行なっている人も少なくありません。

一般紙に載っているニュース内容

一般紙が扱うニュースは、生活の全般に関係する、あらゆる分野に及びます。表紙であり「新聞の顔」ともいわれる一面は、特定の分野と決まっている訳ではなく、幅広い読者に影響を与え、高い関心を持って読まれる重大なニュースから選ばれます。また、その新聞社が独自取材を重ねた特ダネやスクープが入ることもあります。

一面は、今日どんなことが載っているのかを読者に知らせる「目次」としての役割も果たしています。いくつかの記事は短いダイジェストにまとめて、詳細は「関連記事○面」と、他の面に誘導することもよく行なわれます。

二面は、一面に入りきれなかったニュースが選ばれることもあり「総合面」とも呼ばれます。その他には、政治・経済、社会、国際、家庭、文化、芸能、スポーツ、地域、テレビ・ラジオ番組表などで構成されています。

日本において一般紙は、諸外国と比較しても普及率が高く、それゆえに社会への影響力は大きいものです。新聞に求められている役割とは、国民の代表として「知る権利」を行使し、世の中のあらゆる事象について、事実を調べ、世に伝えることです。万が一、事実誤認による誤報を行なったり、書くべきことを隠匿して公益性を軽んじたりするようなことがあれば、社会からの批判の対象にもなりえます。